LNET導入事例

ノートルダム学院小学校 様

「よく考え よく学び 持っている力を使ってほかの人に奉仕しよう」を教育目標にされています。
英語教育に関しては、機械一辺倒にならないようにネイティブの先生とのコミュニケーションも重視され、授業を運営されています。

授業方法紹介

授業風景

小学生の集中力を持続するように、動画やアニメーションを利用した教材を多用し、ハード転送方式の利点を活かした授業を行われています。
また、ランダムペア会話機能を使い実践的な語学授業を運営されています。

小学生を対象にした授業なので、授業の中では映像を多様した「LL授業」を展開されています。
聞く・話す中心の授業なので、ランダムペア機能を活用した活きた英会話授業を行われています。
コンテンツも先生が独自に製作され、小学校でもハイレベルな授業を行われています。

また、ファイル転送ソフトを活用してテストを実施。問題の配布と回収(音声と画像を配布音声の回収)を行い、システムをフル活用されています。

レイアウト

レイアウト図
ページのトップへ