LNET導入事例

埼玉医科大学附属総合医療センター 看護専門学校 様

埼玉県川越市大字鴨田字深町1940-1

施設外観

21世紀における社会の要請に応える、幅広い看護活動ができる能力を養う事を目指されています。
パソコンの操作画面の提示機能以外にも、看護教育に役立つ画像の鮮明さ、リアルタイム性など、『LNET-330』の性能が評価されています。

授業方法紹介

情報処理教育講堂

授業の中では、病院内で使用するカルテ作成ソフト等の操作方法を実操作を交えて授業の中で活用されます。
PC授業以外にも、『LNET-330』のリアルタイム性、画像の鮮明さを利用し、看護専門学校様特有の授業等に、ビデオカメラやその他AV機器を使用し幅広く使って頂ける予定です。マーキング機能に関しても動画上にも描画できる点等を高く評価頂いています。

また、講師が学生画面の様子を確認する為に、オプションソフトのマルチスキャンソフトも導入して頂きました。学生と講師間の双方向の画面転送が可能になり、より効率的な授業を行って頂ける環境となっています。

今後、『LNET-330』の機能をフル活用し教室運用の幅も広がっていきそうです。

レイアウト

レイアウト図
ページのトップへ