LNET導入事例

柏市立柏高等学校 様

千葉県柏市船戸山高野325-1

【導入システム】

「清く、やさしく、より高く」

「清く、やさしく、より高く」

昭和53年に柏市唯一の市立高校として、市北部の恵まれた自然環境の中に設立された市立柏高校。普通科21学級、国際科3学級、スポーツ科学科3学級、約1100名の生徒が学んでおり、各学科とも他校では見られない独自のカリキュラムを展開しています。また、市民公開講座や近接大学との連携授業など、地域社会との関わりにも力を入れています。

授業方法紹介

美麗なデジタル信号を中間ディスプレイと2台のプロジェクターへマトリックス送信。

1年生の情報A、C、及び2年生の専門教科情報の科目,総合的な学習の時間など、パソコン教室の利用は週29時間とフル活用されています。
『LNET-530』を使って高画質なデジタル映像を中間ディスプレイへ一斉転送。中間ディスプレイへ送っている画像の上には、液晶タブレットを使って自由に文字や記号を書き入れられるようなっております。

また、カスタマイズのマトリクススイッチャーを使って7つある映像機器の内、教室前方の2台のプロジェクターへも映像を送信できるようになっています。

システム概略図

レイアウト

レイアウト図
ページのトップへ