双方向画像転送システムLNET-370N概要

双方向画像転送システム LNET-370N 双方向で広がる授業展開!授業支援ソフト連動による多機能モデル!

  • 中間ディスプレイ一斉転送
  • 学生ディスプレイ一斉送信
  • マーキング機能装備
  • Windows2000/XP対応
  • シンクライアント対応

製品概要

双方向画像転送システム「LNET-370N」は、ハードウェア方式の画像転送を採用し、遅延なくリアルタイムに画像を転送することができる、双方向の授業支援システムです。

ソフト方式の画面転送システムに比べ、LANのトラフィックなどに関係なくリアルタイム転送が可能で、ストレスなくスムーズに講義をして頂けます。

学生PC画面の受信(モニタリング)機能を備えていますので、机間巡回する必要がなく、学生PC画面を教壇にいながら監視することができます。また、指導が必要な学生にはリモート介入機能で先生PCのキーボード・マウスを使って学生PCを操作することができます。

特長

  • 従来の双方向ハードウェア画像転送システムに、キー介入・電源制御(オプション)を追加し、さらに多機能になりました。
  • キー介入・電源制御により先生パソコンから学生パソコンの操作が可能になり、より一層教育の幅が広がります。
  • リアルタイムでビデオ動画も送信でき、マルチメディア教室に最適。
  • ハードウェアとソフトウェアの融合により、コストパフォーマンスに優れています。
  • プロジェクタと中間ディスプレイに別のソースの画像を転送できます。
  • 操作ボードを教室の実レイアウトに合わせてカスタマイズが可能(提案例
  • シンクライアントに対応。
  • ペンマーキング機能標準搭載。
  • 双方向画像転送が可能。スキャン機能装備。
  • プロジェクタと中間ディスプレイに別の画像を転送できます。(※ビデオ系を別々に送ることはできません)
ページのトップへ