片方向画像転送システムLNET-720概要

片方向画像転送システム LNET-720 中間ディスプレイ一斉転送モデル

  • 中間ディスプレイ一斉転送
  • 画面解像度 WUXGA・フルHD標準対応
  • アップスキャンコンバータ SXGA対応
  • ケーブル単線化・LANケーブル対応
  • シンクライアント対応
  • 鉛フリー対応

製品概要

片方向画像転送システム『LNET-720』は、ソフトウェアでの制御を一切含まない、完全ハード方式での授業支援システム(教育用画像転送システム)です。

学生機の傍らに設置された中間ディスプレイ(教材提示用ディスプレイ)に一斉に画面転送を行うことができます。また、中間ディスプレイをブラックアウトにすることもできます。
簡単な操作で全学生への一斉転送の画像送信を行うことができますので、一斉授業に最適です。

画像転送はハード方式にて実現していますので、LANに影響を与えることがありません。
主装置については“画像入力”部分と“画像転送”部分がセパレート型になっており、教卓に設置し易くなっています。

特長

単線化&通常のLANケーブル(Cat5e以上のグレード)に対応
設置時の配線やメンテナンス時の効率もアップ
高解像度対応 WUXGA・FullHD標準対応
ワイド解像度にも対応
RS-232Cポート標準装備で外部コントロールが可能
フロントパネルからの操作はもちろんのこと、RS-232C制御での外部コントロールにも対応しております。
子機は電源コンセントが不要
子機への電力はマスター装置と接続されるケーブルを経由して供給されますので、「ACアダプタ脱落による障害防止」「コンセント口の節減」にも繋がります。
親機がセパレートタイプになり、構成に応じて購入可能
「画像入力」と「画像転送」の親機機能を別々の筐体にすることで、ご利用いただく環境に合わせやすくなりました。
  • 最大128台のディスプレイに一斉に画像を転送。(マスター装置4台使用時)
  • ハードウェア方式でリアルタイムに動画も送信。一斉授業に最適。
  • 先生PC2台の接続端子のほかに書画装置などを接続できるRGB端子を装備し、高画質な画像転送を実現。
  • 親機の機能を画像入力装置(映像ソースセレクタ)と画像転送装置(マスター装置)の二つのユニットに分離。画像入力装置を映像機器の構成に合わせて変更が可能。
  • マスター装置(親機)とスチューデントユニット(子機)間接続の専用ケーブルは、LANケーブルでも代用が可能。
  • マスター装置(親機)とスチューデントユニット(子機)間の接続はスター型配線で、スチューデントユニット(子機)に4台のディスプレイが接続できます。
  • OSに依存しないハードウェア方式の画像転送でLANとの共存も快適。
  • パソコン教室のほか、会議室、セミナー室、ショールームなど、画面転送を行う様々な場所でご利用頂けます。

関連情報 LNET-720とLNET-730の比較

中間ディスプレイへの片方向転送機種には、<LNET-720>と<LNET-730>の2機種があります。2つの機種の主な違いについて比べてご覧いただけます。

環境に配慮した鉛フリーに対応

環境に配慮した製品作りの取り組みとして、人体や環境への影響が懸念される鉛の使用を規制した、鉛フリーに対応しています。

鉛フリー対応

Apple社「iPad」での動作について

Apple社の新型情報端末「iPad」をLNETシリーズに接続して画像転送の動作を確認致しました。

「iPad」での動作確認

品質を誇る国内生産

授業支援システム『LNET』シリーズは、品質にこだわり、且つ、サポート面で柔軟かつ迅速な対応をとれるよう、開発・製造を日本国内で行っています。
九州熊本にある工場(熊本テクニカルセンター)にて製造した製品を日本全国にお届けします。

品質を誇る国内生産

5年保証と保守サービスについて

5年保証

授業支援システム『LNET』シリーズは、5年間の無償保証を致します。
品質、耐久性に自信があるから、お客様のリース期間に合わせて、5年間の無償保証期間を設けています。 この期間中、何度故障しても、無償で修理いたします。修理はセンドバック方式になります。

5年間無償保証

保守サービス

5年間の無償保証期間中、センドバック方式で無償修理致しますが、修理期間中は製品をお預かりすることになり、お客様にはご不便をお掛けします。 この為、修理期間中の代替機貸出しサービスやオンサイト保守サービスなど、各種サービスを併用していただくと、便利かつ安心してご使用いただけます。 詳しくは、下記リンク先の詳細情報をご覧ください。

保守サービスのご案内

ページのトップへ