デイジーチェーン方式とスター型混合配線の特長とメリット

授業支援システム LNETシリーズ ランドコンピュータの授業支援システム『LNET』シリーズは、『デイジーチェーン方式の良さ』『スター型の良さ』を取り入れた混合配線によりシステムの構築をしております。

混合配線方式を採用しているメリットをご案内させて頂きますので、システム検討の際には参考にしてください。

デイジーチェーン方式とスター型の混合配線のメリット

1 混合配線で配線が容易で設置作業が効率的

マスター装置(親機)と全てのスチューデントユニット(子機)をダイレクトに接続する『スター型』に比べ、弊社が採用している接続方法は1本あたりのケーブル長が短くなります。配線作業の容易さと時間短縮に繋がります。

『混合配線した場合』

LNETの接続方法の場合(学生パソコン32台のイメージ図)

LNETシリーズの混合型配線(イメージ図)

短いケーブルで接続することができますので、設置作業時間を短縮することができます。

【ポイント1】主装置の小型化とケーブル結束の容易化
主装置であるマスター装置は、子機に向けて4つの出力ポートを備えておりケーブル本数が限られております。また殆どのマスター装置は19インチラックに納まるサイズです。
【ポイント2】各ケーブル長と 配線のし易さ
主装置であるマスター装置から子機であるスチューデントユニットにケーブルを接続します。
あとは、「次へ」「次へ」とスチューデントユニットを数珠繋ぎしていきます。

『マスター装置とスチューデントユニットを全てスター型でダイレクトに接続した場合』

ダイレクトに接続した場合(学生パソコン32台のイメージ図)

他社のスター型配線(イメージ図)

長いケーブルで接続する箇所が必ずあります。場合によっては配線しにくい箇所がでてくることも考えられます。
また、マスター装置周りに集結するケーブルの本数が多くなりますので、ケーブルの整理や結束がしにくい環境になる場合があると思われます。

2 デイジーチェーンで配線が簡単

床下配線ではなく机渡りの配線が可能な場合、上の「1」と同じ理由から非常に配線作業が簡単になります。

LNET-730の接続イメージ図
(LNET-730の接続イメージ図)

机の並びによっては、ケーブルを床下配線せずに机間を横渡する場合にも、デイジーチェーン方式なら簡単に対応できます。

  • 片方向機種の子機はマグネットで机に貼り付けることが可能な上、電源ケーブルが不要ですので非常にすっきりとした配線となります。(オプションのマグネットについてはコチラをご覧下さい。

3 メンテナンスが簡単

万が一、ケーブル不良が発生した場合でも各ケーブルが短いためメンテナンスが行ないやすくなっております。

不良ケーブルだけを交換

機器システムの特長

ここでは、『LNET』シリーズの特長を紹介させていただきます。

1 全製品Made in Japan
品質にこだわり、『LNET』シリーズの設計・基盤実装・組み立て・各種検査等、全工程を日本国内でおこなっております。
2 環境に優しいシステムづくり
弊社では設計、生産、販売のプロセスにおいて、お客様が使いやすい仕様であることと同様に、地球環境に与える影響を最小に抑えるように考えております。 その活動の一環とし『LNET』シリーズはCAI業界初の鉛フリー対応品となっております。マスター装置に内蔵しているアップスキャンコンバータも自社開発しており、鉛フリーに対応しております。(※現在未対応のものも、順次対応して参ります。)
3 主装置であるマスター装置の小型化
子機であるスチューデントユニットを親機のマスター装置と各々ダイレクトで接続するのではなく、デイジーチェーン方式での接続を採用しておりますので、マスター装置の小型化を実現しております。
4 子機に電源供給をするLNETシリーズ
片方向機種のスチューデントユニットは電源コンセントを必要としません。マスター装置から電源供給することで、導入設置作業とケーブル結束の簡素化が図れます。
(対応機種:片方向機種のLNET-620/630/640/530/334)
5 操作性が非常に良い操作ボックスと操作ボード
『LNET』シリーズの殆どの機能が操作ボタンをワンタッチするだけで動作するよう設計されております。(LNET-620はマスター装置の前面ボタンで切替。LNET-380は操作PCにて制御。)

サービスの特長

『LNET』シリーズに関連する製品サービスの特長をご案内いたします。

1 自信の5年間無償保証
導入後、より安心してお使いいただくために、『LNET』シリーズは「5年間無償保証」となっております。次期リプレイスまでメンテナンス費用を抑えることができます。
2 修理期間は1週間
故障製品の運送往復(送り1日/返却1日)の2日間を含め、1週間という短期間で修理致します。詳しくは「サポート修理のご案内」をご確認下さい。
3 低価格でのオンサイト保守サービス
原則ご連絡をいただきました翌営業日に弊社から学校様を訪問し、修理または交換修理にて復旧させていただきます。 (※万が一、当日の作業では終了しない場合は不具合機器を持ち帰り、改めて訪問させていただく場合もございます。)
4 導入設置作業を承ります
全国どこでもご用命いただければ、弊社より人員を派遣し、学校様を訪問して弊社システムのケーブル敷設、機器接続、設定まで行ないます。
作業の最後には、販売会社様立会いのもとで動作確認も致しますので、安心して稼動のスタートを切ることができます。
5 有効にシステムを使っていただくための操作説明
導入後、ユーザー様のご都合に合わせ学校様を訪問し、システムの操作方法を説明致します。
6 システム検討時の弊社事務所でのデモンストレーション
弊社事務所内にございます「デモスペース」にて『LNET』の実機をご覧いただくことができます。事前にご連絡をいただければ環境を構築致しますので、お気軽にご依頼ください。(遠方の方はお伺い致しますので是非ご依頼下さい。)

よくご質問いただく内容をまとめさせていただきました

『LNET』シリーズに関連する製品サービスの特長をご案内いたします。

1 マスター装置側の出力部分で1ポートを故障した場合、1ライン全台に対し画像転送できなくなるのではないか?

【故障箇所】
このような症状が発生する際の故障原因のほとんどがヒューズ切れにあります。

【発生する原因例】
ヒューズ切れを起こす原因の一つとして、通電中(LNETが稼動中)にケーブルの脱着を行なった場合に発生することがあります。過って脱着しないよう、お願い致します。

【安心してお使いいただける理由】
対策-1-
ショート検知回路を搭載しており、ヒューズが切れている場合はスタンバイ状態の時にアラーム音(ビープ音)が鳴ります。

対策-2-
ヒューズ切れが発生した場合、“対策-1-”に加え電源ボタンを押下してもLNETが起動しない仕様となっております。

対策-3-
万が一に備え、販売会社様やお客様の方で簡単にヒューズの差し替えができる仕様となっております。

上記症状が発生した場合はもちろん、何かお困りの症状が発生しましたら、弊社サポート部にご連絡いただければ早急に対応致しますので、お問い合わせ下さい。

株式会社ランドコンピュータ サポート部 : フリーコール 0120-161639

2 デイジーチェーン方式で接続しているのでスチューデントユニットが故障すると、故障箇所以降のスチューデントユニットにも影響がでるのではないか?

このような症状は殆ど発生しませんのでご安心ください。

スチューデントユニットが故障した際は、故障しているユニット個体で症状が発生することが殆どです。双方向機種のACアダプタが故障した場合にのみ、他のユニットにまで乱れた画像が転送されてしまいます。
【Point】
上記理由から、双方向機種に関してはACプラグが抜け落ちますと故障したときと同様の症状が生じますのでご注意下さい。

【スチューデントユニットを取り外される場合のご注意事項】
修理に出される際は、お手数ですが最後段に接続されているスチューデントユニットなどと交換していただくか、取り外した前の段で終端抵抗を挿入していただきますようお願い致します。
これは中継機の役割を果たすスチューデントユニットを取り外すことになりますので、デイジーチェーン接続が途中で途切れてしまわないようにするためです。

3 スチューデントユニットを経由してきた画像のため、親機と子機をダイレクトに配線するものに比べ画像の劣化が大きいのではないか?

画質にこだわりをもって納品致します。

導入予定の教室レイアウト図を事前にいただき、弊社にて配線ルートやケーブル長の算出をおこないます。このデータを元に画質確認を行ない弊社基準の画質に満たない場合は、画像信号ブースター(画質補正機器)を納品させていただくことでダイレクト配線(スター型)と比べても褪色のない高画質を実現します。

4 導入後、配線ルートを記した配線図がなければどのように接続しているか分からない。

弊社で全てのユーザー様分のレイアウト図を保管しております。

項目3でいただいたレイアウト図を元に配線図を作成し、製品と同時に納品致しますので保管をお願い致します。また弊社サポート部でも保管しておりますので、レイアウトをお持ちでない場合でも弊社よりサポート対応することが可能です。

5 レイアウトに関係なく最大4ラインで接続する必要があるため、レイアウトに即した配線ができないのではないか?

できる限りレイアウトに即した配線になるよう対応致します。

初めに弊社にて配線ルート案を考えさせていただいておりますが、必ず販売会社様に対し確認をお願いしております。不都合等ございましたら、再度最適な配線ルートを検討しご確認をいただくようにしております。

『LNET』シリーズの『特長』や『よくあるご質問』を改めてご紹介させていただきました。
是非弊社システムのご検討を宜しくお願い致します。
また、ご不明な点等ございましたらお気軽に弊社営業部までご連絡いただければ幸いです。

お問い合わせ

株式会社ランドコンピュータ
営 業 部

  • TEL06-6304-8424
  • FAX06-6307-2121
  • E-mailお問い合わせを下記リンク先より受け付けております。
  • WEBフォームはこちら
ページのトップへ