沿革

  • 1979年7月資本金1,000万円で大阪市淀川区西中島に本社設立。
  • 1980年1月医学用計測システム、製鉄所向け検査システム等を開発。
  • 1981年11月IBM電子タイプライタ用インターフェースの開発を依頼され、英文ワープロと共に汎用品の開発に着手。
  • 1983年1月アメリカHEATH社の知能ロボット「HERO 1」の販売開始各ショーに出展、テレビ雑誌に登場。
  • 1984年3月各メーカー用プリンタ切替器、自動プリンタ切替器開発、販売。
  • 1985年6月フロッピーデスクユニット開発、販売。
  • 1985年8月授業支援システム第一号機を開発、夙川学院へ納入。
  • 1989年10月熊本テクニカルセンター開設。
  • 1990年8月資本金7,500万円に増資。
  • 1991年3月LAN関連製品の大容量化、及び光磁気デスク開発、販売。
  • 1993年8月NETWORK用アプリケーションをそのまま使用できるディスクネットワークシステム開発、販売。
  • 1995年12月マルチベンダー対応自動プリンタ切替器開発、販売。
  • 1996年8月授業支援システムPC/AT機対応版開発。
  • 1997年1月授業支援システムPC-98機対応版、MAC対応版を発表。
  • 1999年4月ビデオ及びパソコン画面に自由にマーキングできる機器を開発。
  • 2000年6月LAND Solutions工房 開設。
  • 2000年8月授業支援システム納入数が1000校を超える。
  • 2000年12月業界初デジタルLCD対応 授業支援システムを発売。
  • 2002年3月授業支援システムに語学教育支援CALLシステム機種を発売。
  • 2002年7月MDブースレコーダを発売。一斉録音などの新たなシステムを提案。
  • 2002年8月私募債発行。
  • 2002年8月国際品質規格ISO9001:2000認証取得。
  • 2003年12月LNET関連商品「スムーズスイッチングユニット」発売。
  • 2003年12月授業支援システム『LNET』シリーズのOEMサービスのご案内。
  • 2004年7月授業支援の機能を統合した授業支援ソフトを発売。
  • 2005年1月授業支援システム納入数が2,000教室を超える。
  • 2005年7月代表取締役社長の交代(福島孝雄から福島利昭へ)。
  • 2006年2月授業支援システム 5年間無償保証開始。
  • 2007年1月国際環境規格ISO14001:2004認証取得。
  • 2011年12月HDCPのライセンスを取得。
  • 2012年6月HDMIのライセンス供与を行う団体HDMI LICENSING, LLCに加盟し、認証を取得。
  • 2012年10月デジタルDVI・HDMI対応の授業支援システム『LNET-800』シリーズ発売開始。
  • 2013年5月「第4回 教育ITソリューションEXPO」に出展。
  • 2014年4月PC周辺機器 5年間無償保証開始。
  • 2014年5月「第5回 教育ITソリューションEXPO」に出展。
  • 2015年5月「第6回 教育ITソリューションEXPO」に出展。
  • 2016年5月「第7回 教育ITソリューションEXPO」に出展。
  • 2016年9月授業支援システム納入数が6,000教室を超える。
  • 2018年8月デジタルDVI・HDMIに対応した双方向画像音声転送の授業支援システムを発売。
ページのトップへ